貿易事務への転職活動を開始【コミュニケーション能力を重視される】

コンテンツ一覧

都心部で稼げるお仕事

タクシーのおもちゃ

収入の差の付き方

タクシー運転手という職業は、基本給が支払われるというよりも、歩合制の側面が大きい仕事です。そのため同じタクシー運転手であっても、その人によって収入には差があります。地域によってもタクシーの需要からくる差がありますので、地方のタクシードライバーほど収入は少なく、都心のドライバーほど収入が高くなる傾向にあります。全国のタクシー運転手の平均年収は300万とやや低めですが、都心の運転手では年収が600万を超えていたりと、地域差、個人差が年収に直結しています。タクシー運転手という仕事をすることを選択するのなら、間違いなく都心部に近い方が年収は大幅に上がるでしょう。東京都のタクシー運転手の平均年収は400万と、全国平均よりも100万ほど高いというのが実情です。都心部ではそれほどタクシーの需要が高く、平均して一日に30人以上のお客さんを乗せて走ることになります。地方では自家用車での移動が多いですので、その分タクシーを使う頻度は減り、仕事も少なくなるのでしょう。また、稼働時間によっても年収はだいぶ変わってきます。タクシー運転手という仕事は一日の労働時間が長く、その分休日が多いことが特徴ですが、一日の売り上げが平均5万円とすると、一日出勤日を増やすだけで売上は一年で60万も変わってきます。なるべく遠距離移動をするお客さんを乗せて客単価を上げるというのも売上に関わってきますが、客単価に関しては運の要素が強いので、確実に収入を増やしたいのであれば営業日を増やして単純に稼働時間を増やすのが良いでしょう。

Copyright© 2018 貿易事務への転職活動を開始【コミュニケーション能力を重視される】 All Rights Reserved.