貿易事務への転職活動を開始【コミュニケーション能力を重視される】

コンテンツ一覧

正規雇用への道

JOB

お試しとしての採用

秘書という地位にある人を総合職と見るか一般職と見るかは、会社によって大きな開きがあります。ただ、重役を補佐する役目は、会社にとっても重要な位置にあり、高級優遇で迎えられるケースが多いとされています。その秘書の採用にあたって、最近は正社員での雇用が減少しているとされています。秘書を採用する時、多くの会社が派遣を利用すると言われています。その背景には、有期限の仕事が数多く含まれるようになったことが影響しています。その一方で、派遣で働いた後に、正社員として再雇用されるケースも目立っています。秘書業務に携わる人を派遣で採用する理由の多くは、人物評価を徹底したいという会社の姿勢も関係しています。秘書のように知的レベルの高い職業を希望する人は、それ相当のスキルや技能を持っています。英語力や事務処理能力のレベルが高い人も相当います。ただ、重役付の職業であるため、上司となる重役との人間関係は重要です。その理由のために、最初は派遣を利用し、正規雇用が適格と判断された場合に正社員とするケースが殆どとなっています。秘書希望の人が派遣登録をするということは、その先に正社員になる道が開けているとも言えます。そのようの考えれば、派遣登録も積極的に利用したいところです。また、派遣で働く機会があるということは、派遣先の企業を見極める時間も十分あるということです。自分が働くに値する企業かということも判断できる、又とないチャンスとなります。

Copyright© 2018 貿易事務への転職活動を開始【コミュニケーション能力を重視される】 All Rights Reserved.